Monthly Archives: 7月 2020

  • 0

コロナに続いてハリケーンの襲撃!!!!

ハワイのコロナ情報は

目を覆いたくなるようなオアフ島での

クラスターによる感染爆発!

こうなると不可抗力とは言えない

人的災害の気も致しますね

コロナ騒動が始まって以来で先日の55人を上回る

1日での感染者数73名の最高を記録

オアフ島が68名 マウイ島が5名と今発表されました

東京都によく似ているでしょう!

昨日は17名と少し落ち着きましたが異常ですね

ハワイ島はコナの病院で増加していてとても心配です

今朝のTVニュースでは

可愛い女の子が映し出されていて何かと見入りましたが

(こんな写真しか見つかりませんでした)

ソーシャルメディアインフルエンサー(ユーチューバーみたいなもの)と呼ばれる

多くのフォロワーを持ったネット配信者が

ワイキキに滞在中14日間の隔離を無視して

クラブで踊ってる動画を配信していたことで通報されて逮捕!!!

(これによく似た事件が日本でもありましたよね

不細工なオッサン(若者とは言えない)が

日本全国を旅行して行く先々で

カラオケや居酒屋で地元民と大騒ぎしていたドアホの感染者)

各島の大学(カレッジを含む)の留学生に関する対応に

意見が分かれています

オアフ島とカウアイ島は 留学生の14日間の隔離ルールを一部変更し

検査結果が陰性の場合は受講も可としましたが

ハワイ島とマウイ島は市長が拒否しました

これは何だかわかりますか?

コンパネ(べニア板)がどんどん売れています

ハリケーン「ダグラス」の接近に際して

ショーウインドーやガラス窓の保護のため貼り付けるのです

今日の夕方にはハワイ島の北側を通過し

明日の午後にはマウイ島を直撃

カテゴリー4から現在はカテゴリー2になって

月曜日にはカウアイ島に到達する頃は

ストーム(熱帯低気圧)に勢力を弱めるであろうと

予報されておりますが

厳重な注意が必要で

被害の無いことを祈ります


  • 0

あとはピンクが欲しいかな?

海の景色 山の景色とみて頂きましたので

今日は久しぶりに 庭の花

コロナ休暇で庭づくりをやっていますが

色違いのハイビスカスに特化して

肉体労働をやっています

そこで発見したのが

えッ?

2日も咲くの?

ハイビスカスって裏の垣根に真っ赤な花が

年中咲いていますが その1輪は1日だけの花だったのに

右上のは今朝咲いて 左下のは昨日に咲いた花で

灰青と言うとても珍しいハイビスカスだと知りました!

黄色も良いよね

オレンジベースのこの花はとても豪華!

パープル系は3種類で その1種は2日も咲いてるし

ゆっくり眺めていると

花びらの形が全然違うんだよね

その極めつけは このワッフルのような

多弁花

でもこうやって見ていると ピンクと

白いハイビスカスが欲しくなってきました

開花は一日だけだと思っていたのに

2かも咲いてくれてるのが有ると知った時

どうしてだろうか

幸せを感じてしまいました

やっぱ、花が好きなんだよね


  • 0

サドルロードで好きな景色は!?!

ハワイ島を訪れる方の中で

レンタカーでの島内の移動や

観光をされる方もいらっしゃいますが

皆さんはどんな景色が印象に残っていらっしゃいますか?

標高1500mほどに草原が、、、。

ここは旧サドルロードの景色で

野原一面に黄色の小さな花の絨毯です

朝早くHILOを出て西海岸に向かうときは

こんな光景が。。

まだ薄暗い景色に中に

マウナケアが夜明けの光に

浮かび上がってきます。

雄大ですよね

少し車を路肩に停めて

冷たい空気を胸いっぱいに吸い込んで。。。

こんな景色もありますよ

ハイジ―の世界です

でも僕が一番好きなサドルロードは

チャーターツアーでコナ側を訪れて

ビーチで夕陽に乾杯をしてヒロに帰るとき

皆様方は シャンパンの精に誘われて寝息が聞こえてくるころ

滑走路のようはサドルロードの先には

HILOの町が浮かび上がってきます

月明りとシティライトが

ハンドルを握る手に「さあ、もうすぐだよ」

安全運転でがんばれ。。。。。と

今日のご案内は

標高4200mのマウナケアとマウナロアに挟まれて

標高2000mの東西に山越えをする

サドルロードでした


  • 0

追悼 Willie K(1960/10/17~2020/05/18)

ハワイを代表する偉大な音楽家 

Willie K(William Awihilima Kahaiahi`i)が

今年の5月に天国に召されたことは

多くのハワイアン音楽のファンには

記憶の新しい事だと思います

この訃報をなかなか書くことが出来なかったのですが

2か月が過ぎ 今日彼の功績をたたえて

やっと今日ここに紹介させていただきます

59歳と言う若さで肺がんのより命を絶たれた彼の歌に

始めて遭遇したのは 1990年代の後半

僕が神戸とホノルルのラジオ局での

「アロハスピリッツ」という番組の2元放送のDJを

させて頂いていたころに

番組で紹介した曲が ♪You Ku‘uipo♪だった

この2枚のアルバムの中には

今でも車を運転しているときに無意識に口ずさんでいる曲が

何曲か入っています

そして

衝撃を受けたのが

このCDで歌ってる ♪ Ave Maria ♪

若い頃にすこし歌を志した僕にとって

彼の声と歌唱力には 瞬間にショックと言うか 体が震える感動がありました

彼は

ブルース ロック オペラ ハワイアンミュージックと

とても幅広いシンガーでしたよね

そういう意味では 僕が日本の歌手で一番尊敬し

この家にも療養のため長期で滞在され「クロちゃん クロちゃん」と可愛がってくれた

尾崎紀世彦さんと オーバーラップしますね

ラハイナで音楽家家族に生まれ 8歳の時にネイティブなハワイアン音楽を熟せるのは

ギターリストの父と一緒に初舞台を踏んだ彼そのものの歴史なのでしょう

今でも記憶に新しいのは

今では歌唱力ではナンバーワンの女性シンガーになった

Amy Hanaiali‘iとの9年間にわたる コラボではないでしょうか

ミュージカルシンガーとしてアメリカ本土に渡っていた Amy が

ハワイに帰ってきたときに 彼女に公私共々

ハワイアンミュージックのマナを教え込んだのが

Willie Kだと言っても過言ではないでしょう

ご冥福をお祈りいたします

YouTubeの「もう一つのハワイKENJI」で

彼の特番を紹介させていただきました

著作権がうるさいので 小刻みにして

チョコチョコ 紹介していきますので

そちらも楽しんでください


  • 0

知ってるかい? ハイビスカスの樹年は?

目からうろこだったのが今から1年前

裏庭の垣根に植えていたハイビスカスが

次々と枯れ始めたときだった

調べると なんとたった20年程度なんだってさ!

敷地の右奥の方は溶岩の岩盤があって

土が浅いのでそのせいで枯れたのだと思っていたら

確かに 環境が悪いところは寿命が短く

一番初めは18年目で枯れてしまった

そして 今朝 2本を処理しまして

2週間ほど前に健康な木の枝を挿し木用にと切って

水に浸けていたのを植えてみました

水の中で少し根が出ていたので うまく着いてくれると思います

花の色は赤に決めて垣根一杯に咲いてくれたときは

とても豪華で綺麗ですよ!

裏庭の垣根は赤一色で統一して

前庭には色々なハイビスカスを植えるのが

わが家のコロナ閑散期のプロジェクトです。


  • 0

リリコイ人気ってすごいよね!南国~っ!

今日はリリコイの果汁の採取法です

蔦にたくさん実るパッションフルーツのリリコイは何種かありますが

我が家は2種とも同時に採取します

下の写真を見ると2種類あるのがよくわかりますよね

黄色に熟れるのと紫色に熟れるのがありますが

味はほとんど同じなので問題ありません

実を横に半分に切って

中身をスプーンで かき出します

たくさん取れましたね

この作業はとても簡単にできます

ご覧ください!この瑞々しさを!

問題はこれからです

果肉の中に固い種子があるので というよりも

種子の周りに果肉がくっ付いているという感じです

これをガーゼネットに入れて絞るのですが

これが結構手作業できついのです!

濃縮ジュースの出来上がりですが味は

すっぱーーーーい!

このまま保存したりお砂糖などで甘みをつけて

我が家では蜂蜜かメープルシロップを使って味を調え

小さな容器に分けて冷凍保存しておき

ジュースを飲むときは5倍から6倍に薄めて、、、美味しい!!!

フルーツバターやケーキを作る時などに使います

ボーナスフォトはリリコイの花

皆さん時計草と呼んでいますね


  • 0

まじキツイよ!この庭仕事は、、、でも楽しみ!

フロントヤードのドライポンドの周りを

全面改修しようと思い

現在雑草とグチャグチャになった低木の撤去

想像以上にハードな仕事である

この写真は10年以上前の様子だが

枯れ池の周りの木が伸び放題になってしまって

思い切ってやり替えを決断した

本来はグランドカバーとして 成長も遅く密集してるので雑草も生えにくい

下の写真のような低木のはずだったが

ハッキリ言って 本物1本以外は全部偽物を掴まされたのだった

したがって その一本だけを残して

雑草が入り混じる木々を全面撤去

庭木の剪定や撤去作業の少なくとも前日にする作業は

此れ!

これを忘れると後悔するのだ

わが家は定期的に駆除をしてはいますが

念のためファイヤーアンツ(火蟻)に射されると

超痒いので この毒餌を一日前にしっかり撒いておきます

刈りきった枝や幹は この大きなビニール袋で

15袋ほど。。。

この袋にも毒餌を少しずつ入れて1昼夜してから

車で捨てに行きます。

万が一車の中に出てこられたら嫌なので

さあ、この後どんな庭に変化してゆくのかが

楽しみですよね。

新たに グランドカバーには2種を選んではいますが

どちらにするか

1か月以上はかかるプロジェクトで

見た目が完成するのは 来春ごろになるかな?