ハワイ島週刊ニュース 2019年2月#2

  • 0

ハワイ島週刊ニュース 2019年2月#2

今年に入ってから激しいニュースの一つに

わが家同様の宿泊ビジネスをしている方々には

とても厳しい法律が執行される流れ

勿論正当な経営者には何の心配もないが

オアフ島を含めたハワイ州全体の観光宿泊ビジネスが

襟を正す時が来たようだ

その発端は脱税の容疑

実体のない農地申告など固定資産税の虚偽や

バケーションハウスやBnBの様な

観光客用の宿泊施設の全ては

4月1日からとても厳しくなる

BandBの利用者の斡旋を主としているAirbnbは

過去10年間のホストへの顧客紹介と支払いの全ての開示を

することになり、そのリストをもとに

納税義務違反の宿への立ち入り調査が行われる見込み

営業許可等を含めた違法者には

5万ドルの罰金と 宿泊顧客の人数に関係なく

違法の一日あたり500ドルのペナルティーが科せられる

日本の民泊などの動きはどうなのでしょうか?

サドルロードエリアの草原で

自然発火とみられる火事が広がり

昨日現在で110エーカー燃えている

週末から来週初めにかけて

冬の嵐の予報が出ています

皆さんお気を付けになってください

先々週にお伝えした空関連ニュースのその後の発表が二つ

先ずその一つは

PUNA地区からの 小型宇宙衛星ロケットの打ち上げ基地の

地元民への説明会が行われました

もう一つは 島の住民にとってはとても明るいニュース

サウスウエスト航空が

ついに本土から各島々に直行便の乗り入れが決まりました

次なる申請は 各島々との連結便の就航で

島民の全ての望みが実現に一歩

近づきましたね!


Leave a Reply