ハワイ島に起こる自然現象の変化

  • 0

ハワイ島に起こる自然現象の変化

今人気絶頂のハワイ島に

異常事態が起きている

Ohiaの木が何万本も立ち枯れしたと思うと

先月6月の20日だったか真夏なのに

MaunaKeaに雪が積もり

MaunaLoaは群発地震が続く中

学者達は いつ噴火してもおかしくないという

昨年からハリケーンが多発の太平洋

Kilauea/Pu’u O’oは活発に活動し

熔岩流が観光客をより誘う

DSC05096

そんな中

世界でも ハレアカラと 2か所しか咲かない

珍しい高山植物「銀剣草」が

マウナケアの標高3000m辺りに生息しているのだが

DSC05090

昨年あたりから

やたらと花が咲き始め

ドンドン枯れて行っている

DSC05081

専門家に聞くところによると

自然界の中で彼らは何かを感知し

子孫繁栄のための行動に出ているのではないか!と言う

DSC05083

自然原理から考えると

植物も苗から成長し大きくなって

花を咲かせ種をまく

DSC05086

が、しかし

まだ成長過程の子供のような未熟な苗木までが

花を咲かせているのだ

DSC05091

オニズカ・センターより500mほど高地の

ハワイで(世界で?)一番大きかった銀ケンソウも

昨日見たら枯れてしまっていた

DSC05097

HILOは好天が続き

KONAは良く雨が降る

気候が変化しているハワイ島

自然破壊の警鐘を

「銀剣草」が

身を挺して訴えているような気がした

マウイ情報に詳しい方

ハレアカラの銀剣草の

情報を教えてください!


Leave a Reply