Category Archives: ブログ

  • 0

本格的な伝統料理 「カルアピッグ」大奮闘!

ハワイの伝統的かつ代表的な料理

イノシシのお尻の肉で「カルアピッグ」

ヘルシーで上手いのなんのって!

お尻の肉に穴をあけてニンニクをたっぷりと詰め込んで

タロイモの葉で巻いて ティリーフで包んで

オーブンでチーンは普段家庭ではよくやりますが

庭に2m四方で深さ60㎝の穴を掘って

薪を入れて頭の大きさの溶岩ボールを並べてガンガンに焼きます

約4時間ほど焼いてから残り火を取り出して

熱い石を並べ替えてその上に

バナナの幹を切ってほぐして広げます

その上にお肉を並べて

上からバナナの葉をかぶせて シートをかけて

蒸すこと 一昼夜!

野犬やイノシシに狙われないように 朝まで見張り

この時間が青年達には一番楽しいそうだ

シートを外すと 肉の匂いが辺り一面

肉から脂肪が抜けてしまい

 超ヘルシー!

見てください 滴り落ちる油を!

これをほぐして完成です!!!

さあ、食べるぞ!

友人の誕生日の200人の大パーティの

始まり始まり!


  • 0

週末はさすがに人が戻ってきた?!

ハワイの魅力はやっぱりビーチですよね

先週紹介したカールスミスビーチ

殆ど人影もありませんでしたが

さすがに週末です

随分戻ってきましたね

ビーチにも色々あって

白くて長い砂浜のビーチと

多少 岩だらけですが 熱帯魚や海亀と戯れられるビーチ

皆さんはどちらがお好きですか?

もちろん 双方が楽しめればベストでしょうが

先週も申し上げましたが

珊瑚や海の生物に影響のある サンスクリーンはダメですよ!

ロックダウン以降 週ごとに少しづつですが解除され

普段のヒロの町に戻りつつありますが

まだまだ時間はかかりそうです

救世主は日本からの観光客が来てくれることですが

昨日の東京を見ていると

やばい! 強制隔離2週間の解除に黄色の信号が!!!


  • 0

紅白どちらが好き? ワインの話しだよ!

へーっ!ハワイでもワイン作ってるんだ!

よく言われますね。

ワインの地ビールも、、、

最近は 焼酎も作っております。

ボルケーノ国立公園の近くにワイナリーが有る

ツアーバスはなかなか行かないが

1986年から開業して

フルーティーな美味しいのを作ってるよ

たった5ドルで7種類もの試飲がOK

新製品の 緑茶のワインも あと3ドル足せば飲める

でも飲酒運転は絶対にダメ!

ドライバーはコーヒーと ホームメイドの

アイスクリームで我慢してくださいね

ハワイ島でのワインつくりは古く

わが家のすぐ近くには ブドウ農園が有ったらしく

ワインの貯蔵庫の建物が今もあります


  • 0

コロナ解禁が待ち遠しいヒロのビーチから

ロックダウンも部分的に

解除されましたよ

レストランも開店が許されて

町も賑やかになってくるのかな?

今朝は早くからビーチを散策してきました

YouTubeでは カールスミスビーチの模様をUPしていますが

こちらでは その近くのビーチの景色を

選んでお届けいたします

海沿いには約10個ほどのビーチが

500mから1kmごとに続いてあります

熔岩岩がゴツゴツしてて ちょっと怖そうですが

実際には行って見ると問題なく遊べますが

気を付けるとすれば 海岸には

湧水の冷たいところもあるので

その方が注意が必要かな?

冬場には置きにクジラが飛んでるのも観れて

もちろん 熱帯魚や海亀さんにも出会えますよ

皆さんにお願い事は 一つ

珊瑚や海の生物には影響のないサンスクリーンを

選んで頂きたいですね


  • 0

咲いた!咲いた!初めての花!見たこと有るかい?桜も咲いた!

我が家の庭に

新たに仲間入りした

とても珍しいハイビスカスの花

マウイの友達の Andreeから頂いた

Sophisticated Hulaという

パープル色の花

そして刺激を受けたのか!?!

ピンクの桜が1輪

リリコイも咲いて

アンスリウムも負けずに咲いた

もう一つの珍しいハイビスカスは

Anne Marieと作者の名前が付いています

この花はもう少し力いっぱい開くそうです!

珍しいお花も 力いっぱい咲いて

皆様のお越しをお待ちしています


  • 0

懐かしいネタを拾って。。。石のクッキー

今日のお話はとても懐かしいネタです

先週に僕たちのいつも遊んでいたゴルフ場

ボルケーノカントリークラブが閉めてしまって

当時の仲間たちの思い出が一気に

蘇ってきた。

仲間の中で一番上手かったのが

Mr.Kotomori

ハンディは1で(ゼロだったかな?) 素晴らしいプレーヤーだった

マウンテンビューで あの有名な

ストーンクッキーのお店のオーナーだった

このパッケージを観たら

皆さん方も思い出すかな?

ヒロ空港の売店では売ってるよ

もちろん地元のスーパーでも

とにかく硬い!

気を付けないと歯が折れる!!!

僕はコーヒーをお土産に買って帰るゲスト達に

良く薦めるよ

暖かいコーヒーに浸して やわらかくなってから

んむーっ! これが美味い!

懐かしい味だ!

あの頃は彼が時々コースに持って来て

皆で舐めながら プレイをしたもんだ

もうずいぶん前に彼は姪っ子に後を託して

引退してほかの島に住む娘さんの家に

越していったと聞いた。

次回 ヒロに来られた際には

ぜひ 現地のお店かスーパーで買って

お土産にどうぞ!

空港のキオスクでも売ってるよ。


  • 0

ロコモコの歴史の真実とは!

ハワイの食べ物の代表的なのが

B級グルメですが ロコモコ!

ガイドブックを読むと

Cafe100が発祥と書いてあるようだ

白いご飯の上にハンバーグを乗せて

その上に目玉焼き

ウスターソースをかければ出来上がり

ロコモコの発祥は1950年代に

学校が終わった子供たちが

リンカーン公園で遊びに夢中

公園にあったGoyaランチショップと

リンカーンランチショップのオーナーが

ランチの残り物をご飯にかけて卵を焼いて

子供たちに振る舞ったのが始まりです

後にハワイの各島々ではやり始め

フリフリチキンがアメリカから来た白人にパテントを取られてしまったように

同じ目に合わないよう

Cafe100 のMiyashiroさんが商標登録して

ロコたちに自由に名前を使用しても良いよ!が始まりですって

と言うわけで

ロコモコの始まりはリンカーン公園の

2軒のランチショップが真実と言うお話でした


  • 0

カラパナ熔岩流「PELE 海に帰る」総集編


3話に当たってお届けしたカラパナの

溶岩流ラバーウォークの全て

思い返せば砂利道を5マイル 

そして溶岩台地を1マイルほど歩いて観た

地球のうめき声は 感動のそのものでした

今日は海から観た落ちてくる真っ赤な溶岩

海に入った瞬間

温度差で起きる水蒸気爆発

白く見えるところは まだ2000度近くあります

そして

海の水は瞬時にしてゴボゴボと沸騰します

この迫力たるや 僕の生きてきた人生で

一番興奮した瞬間でした

少しずつ夜が明け始め

東の空が明るくなったころ

ボートは出発した港に向かい

ジェットコースター以上の迫力で

大波を飛び越えながら帰っていきます


  • 0

プルメリアをもう一度!

先月だったかな

プルメリアの事を書いたと思いますが

もう少し詳しく!とのご希望にこたえて

僕の知ってる限りについて書きますね

夾竹桃の仲間で

名前の語源は 17世紀のフランスの植物学者

シャルル・プリュミエの名前から付いたと言われている

日本で育てるには鉢植えをお勧めします

気温が10度になる秋には葉も落ちてると思いますが

部屋の暖かいところにおいて

水は一か月に一度 少しだけね!

春から初夏にかけて

棒から新芽が沢山出て来てから

余り日差しの強い日を避けて

外に出してください

ハワイ島で プルメリアの沢山咲くのが見れる場所を紹介しますね

*カイルアコナのアリイドライブ

*キャプテンクックの南に走り ホオケナとミロリの間で

 コナ・パラダイスという家並みの庭庭

*パハラを過ぎてプナルウブラックサンドビーチに

降る道沿い(右にゴルフ場)

棒状の枝をポキッと折って

切り口を5日ほど乾燥させて植えればOK

*注意 白い乳液は肌に着いたらすぐ洗い流してください

付いたまま放っておくと皮膚がかぶれます!


  • 0

知ってるか? 滝に虹が、ではなく 虹が滝のように!

日本で出版されてるガイドブックの半分くらいは嘘が多いね!

嘘と言えば言い過ぎだが、

それくらい間違いが多いのには驚くよ。

確かに1週間や10日間くらいハワイに来て取材したって

本当の事は解らないだろうし、

コーディネーターの連れて行く場所はいつも同じ

どの本を観ても同じ所ばかりでつまらん!

僕も今までに2,3回は頼まれてハワイ島の取材を手伝ったが

正直な意見を言ったら それから依頼が来なくなった(笑)

「レインボーフォール」のことだって

虹がかかる時間は春夏秋冬で異なる

日の出から3時間ぐらいのものだが、

それすら書いていない。

大半の観光客はコナ側に泊る

そしてレンタカーでヒロの方まで来てくださるのだが

折角のレインボーフォールに到着時間は

もう虹なんて出てはしない

もっと大きな間違いは、「滝に虹が掛かってる」のなんてどこにもある話

東海岸には約2000もの滝があり

水しぶきに陽が当たればどこにでも虹は出る

では

ヒロに有るレインボーフォールがなぜ有名なの?

それは

「虹が空から滝のように降ってくる」

それが名前の謂われなんだよ。

おまけ

良い写真が探せなくてごめん

ダブルレインボーの色の順番が

逆になるんだよ