Category Archives: ブログ

  • 0

メリーモナーク56 古典の群舞 #5


新年早々から美しいHULAをお届けできる喜び

本当に僕は幸せ者だと日々感謝

今年もよろしくお願いいたしますね

Beamer Solomon Halau O Po‘ohala

Kumu Hulali Solomon Covington

Waimea Hawai‘i

♬Lei O Haena♬

シャッターを切りながらも

何故かワクワクしてくるパフォーマンスでしたね


  • 0

あけましておめでとうございます!2020の幕開けです!!!

日本の皆さま

ハワイの皆さま

そして 世界の皆さま

本年もどうぞよろしくお願いいたします

この写真は2015年に

ハワイ州の最東端

Kumukahiの岬で撮った 「ご来光」です

今年の正月は 残念ながら

まだ岬までの道が溶岩流に飲まれたままなので行けませんが

来年には 岬の先端から荒波に踊る「ご来光」を

撮ってみようと思っています

破壊と再生

ハワイ島は生きています!

世界屈指のパワースポットの島です

12年間 1日も休まず書いてきたブログ

今年も生の証として書き続けますので

ご指導ご鞭撻

ご愛好のほどよろしくお願いいたします

黒島 健司


  • 0

もうすぐカウントダウン! 年越しそばを食べなきゃね!

大晦日の夜は皆さんは紅白?

てな時代は昔人間か?

いやいや!まだまだ! 国民的行事!

♬ きーちゃん って呼んでね(笑)♬

こちらハワイでも1日遅れで「レッド&ホワイトUTAGASSEN」が

TVで中継されて 結構な視聴率ですよ

2日の昼間に再放送もあるくらいですから

大晦日は「年越しそば」をたべなきゃ

年が明けない!と

日本から蕎麦打ち先生に来て頂き

28日にワークショックをやっていただきました

中島先生のデモストレーションの後

早速 そば粉8割に中力粉を2割を つなぎに混ぜて

始まったばかりで 先生も大爆笑!

かと思ったら 今度は大真面目で神妙な顔ですよ

いつもの我が家に来た時の顔よりも

皆さん遥かに真面目顔

混ぜて こねて 伸ばして 切って!

厚さ1.5㎜ 幅1.5㎜ が理想のサイズ

蕎麦の実を使ってのパエリアも最高の

オノリシャス!

(これはKenji語で ハワイ語で”美味しい”の ONOとデリシャスの合体語)

わんこソバの様に 皆さんは お替わりの連続で

大満足の「蕎麦打ちイベント」でした

この日は「餅つき」なので来れない とか

年末の忙しさで体調を崩して 不参加とか

残念無念の人もありましたが

素晴らしい年越しの集いでした!

感謝!


  • 0

感謝感謝の大賑わい!皆さん本当にありがとうございました!

2019年 今年も沢山の方々に

可愛がっていただいた KEN爺(僕)

この1年を振り返ってみました

1月は 太平洋に突き出た溶岩の 大自然の露天風呂

2月は恒例のハリウッド女優のアメリアのワークショップ

そして 息子の結婚式を迎えることが出来ました

3月は脳内革命リトリート

4月は

言わずと知れた

メリーモナーク・フェスティバル(2024年までお陰様で完売)

5月はプラごみ収集のボランティア

6月はカメハメハデイで銅像に 献花もさせて頂きましたね

7月は独立記念日の花火大会

8月は恒例のハワイアンカルチャー合宿と

今年から始まった 断食美人合宿

9月になると これも恒例

ちょっと贅沢!個室対応の4人だけの秘境ツアー

10月

念願だった色の塗り替えも出来て。。。

11月

 今年1年を通じての特徴だったのは

リトリートの皆さんだけでなく

家族連れや 新婚さん

熟年カップルが多かったよね

日系人協会の大イベントに

ご出演頂いた 大グループもご滞在

12月

大きなグループが立て続けに3組

月ごとに 代表的なグループにご登場いただきましたが

今年は新たなお客様にも沢山お越し頂きましたね

感謝

御常連の HULAシスターのグループのお写真は

紙面の都合上 割愛させていただきました

お許しくだされ!


  • 0

ハワイ島週刊ニュース 2019年12月#5

マウナケアロード開通

暫定的ではあるが TMT建設反対派の代表と

キム市長との話し合いで

警察官の撤収と建設工事の再開の期限付き停止

並びに その間の州兵の出陣の停止に合意!

話し合いのテーブルに付くための2か月間(2月末まで)の

アクセスロードからのテントの移動が

28日までに完了実施するとのこと

反対派は勝利宣言をしていますが

何をもって勝利と言うか

解決にはこれからまだまだ交渉が必要でしょう

寒い冬を迎える1月2月

いずれにしろ退去の合意がなされたことは

ハリーキム市長の市民を守る

英断であったことは間違いないところでしょう

いずれにしても

マウナケア観光の再開が喜ばれ

オニズカセンターも28日からOPEN

年末年始のハワイ島訪問者には

嬉しいニュースですね

今後2カ月の間に

双方との話し合いの’結果次第では

再びアクセスロードは反対派の手によって

封鎖されるとのことですが

早く穏便に解決することを願います


  • 0

山でも海でも夕陽に乾杯!今年もありがとう!!!

年末も押し迫り

何かと忙しい毎日でしょうね。

わが家も先週土曜からお掃除タイムに入りまして

邪魔をしながら手伝っておりますが

気分は乾杯

お山もカンパイ!

暫定2か月間のOPENに合意

2月末までは 皆さん登れますよ!!!

(詳しくは明日のニュースで)

マジックアワー

ハワイ島西海岸は夜の帳が降りてきて

心がキュツと絞めつけられるほど

ロマンチックな時間

さあ、みんなで乾杯しましょう!

穏やかな洋々とした海

音も立てずに沈んでゆく 太陽

宇宙の彼方から

キーーン と聞こえてくるような

波動を感じる。。。

マウナケア開通記念にご協力を!

この下の「ハワイ&フラ」のタグを

クリックしてランキングの応援を

よろしくお願いします!


  • 0

偶然って面白いね!長年やってて初めてだよ!

我が家のゲストハウスの歴史は

もう20年にもなるのかな?

当初は僕の日本の友人たちが月に一組ほどでしたが

最近は平均3組から4組のグループ

の方々にお泊まり頂いている

満1歳の誕生日に ハワイでKumuに

祈りを捧げて頂くために赤ちゃんが来てくださったのを皮切りに

次々と赤ちゃんがやってくる

これは僕にも念願の孫が誕生の

前ぶれなのかもしれないね

一番下が3歳なので赤ちゃんではありませんが

11月だけで こんなに子供たちが来てくれた

安心してお泊まり頂ける宿として

皆様方に認められた証なんだと感謝し

今後も安心と安全を提供する

宿とチャーターツアーを心がけて行こうと

改めて感じた11月です

もう一つ ボーナスフォトは

友人のHAMAMOTOさんちに やってきた豆柴犬

こまめちゃん

この子もまだ生後6か月だそうですので

我が家に BUBU2世の訪れが速いか

それとも先ほど述べたように

待望の孫の誕生が速いか

来年に期待が大きく膨らみます

Related Posts:


  • 0

ハワイ島週刊ニュース2019年10月#2

カイルアコナはトライアスロン一色

お祭りとなっていますよ

まずは パンツマラソン

毎年のことですが 今年はスッポンポンの

女性がお一人いたようですよ

探してみてください(笑)

昨年の写真ですが

驚いたのは スタートの合図

号砲! はい! 大砲が海に向かって

ドーン!と一発

ハワイのお天気叔父さん曰く

11日は ハワイ島を覗く他の島々は

悪天候だそうで 雷もゴロゴロ

お気を付けくださいね

レース当日の12日のコナ地区のお天気は

上々とのこと

9月1か月間の雨量ですが

なんと! 何と!

KONAの方が HILOよりも

沢山降ったそうですよ!!!

日本の誇る スバル天体望遠鏡が

土星の周りに 20個もの 新しい月を発見!!!

Leilani の フィッシャー・エイト(仮名)の

クレーターの名前に沢山の応募が。。。

その中から上位にあるのを幾つか紹介しますね

*アフアイラアウ(火山神の祭壇)

*ポハカエナ (爆発の激怒)

*ケアヒ エナエナ(激怒の火)と言った噴火に纏わるものや

  レイラニ・エステイトから噴き出したので

*Puu Leilani

*Luana Lani 噴き出した場所の通りの名前 、、、などなど

さあ

最終にはどの名前が正式に付くのかな?


  • 0

ボルケーノで見つけた小ネタ満載だよ!

先週今週と 2回続けてボルケーノに行ったよ

途中でウロウロした際に

ちょっと気になる小ネタ集

ボルケーノビレッジで見つけた

オレンジ・ジンジャー(めずらしい!!)

そして

ローカルの掲示板には

アンクルを忍んでのイベントもあるよ

そして

これ面白そうだね

お化け大会だ!

ローカルのイベントも見逃せないよね

これはどう見たって水戸黄門

この穴から 最後のひと絞りの溶岩がムニュッと

出ていたんだろうね

このクレーターは 便秘によく効く

神様なんだよ!(笑)

展望台からの眺めは 遥か彼方に

サウスポイント!!!

キラウエア・ボルケーノ国立公園

残念ながらまだ ジャガーもラバ―チューブも

入れませんが、、、広い公園内です

色々楽しい眺めがありますね


  • 0

ここのパッケージは世界でピカイチ!!なんだよね。

まあ、ここまで入れ物に力を入れる!

洋菓子やも珍しいのかもしれないが

肝心の中身の味の方も 取敢えずは及第点だと思う

購入者の大半はお土産&贈呈品

まずは「見た目で一番」を獲る!

観てください、この缶ケース

中味を食べてしまったら 何の入れ物にしたい?

これも 日本スタイルでロコたちや

アメリカ本土からの観光客には 人気だよ

重箱サイズの引き出しスタイル

ハワイアンスタイルも もちろん充実していて

豪華さには どこにも引けを取らないよね

これが この店

ビックアイランドキャンディの狙いなのでしょう!

日系3世のオーナーIKAWA夫妻は

日本文化をこよなく愛し

贈答「おみやげ」をいち早く理解した人物

今後 益々発展していくことでしょう